園の特色(いずみこども園)

毎日クラスでの短い礼拝

月の聖書の言葉、さんびか、おいのり

毎週1回金曜日、合同礼拝

 聖書のお話を聞き、そのままで受け入れられている安心感をもって、生きることの大切さと喜びについて学びます。

毎日クラスでの短い礼拝

あそびを通しての保育

 あそびに夢中になるとき、子どもは一番集中して五感を働かせています。こどものイメージがあそびとなり、生き生きと展開するように、教師は工夫しながら計画をし、援助をします。

あそびを通しての保育

絵本の読み聞かせ、ストーリーテリング

 毎日教師が選んだ絵本の読み聞かせを楽しみます。またボランティアによる読み聞かせもお願いしています。

絵本を使わないでお話だけを語りかけるストーリーテリングもしていただいています。たくさんの絵本に触れ、お話の世界にひたる経験を通して、現実に対する理解や感性、判断力が養われます。

絵本の読み聞かせ、ストーリーテリング

リトミック

「見て」「聞いて」「触れて」感動し、想像や創造につながる喜びを味わいます。

クワイア・チャイム等の音感楽器教育

 リズム感や音感を養うだけでなく、感じる能力と聴く力、待つ力、集中力、協調性、表現能力を養います。

誕生会

 毎月誕生会を迎える園児の保護者を招いて、生命を受けたことを神さまに感謝し、全員で祝福します。
お祝いとアトラクションの後保護者の方は給食を一緒に食べていただきます。

誕生会

外部講師による体操運動(真一お兄さんの幼児体操教室)

 全身を使って、いろんな動きを思いっきり楽しみます。体力をつけバランス感覚、さまざまな身のこなし、瞬発力が養われます。

ネイティブ講師による英語であそぼう(アンちゃん先生)(予定)

 あそびながら英語に触れ、いつもと違う時間を楽しみます。言葉と習慣が違う広い世界に出会うきっかけになります。

ピアノ教室(保育時間外・希望者のみ)

 希望者は高橋直美先生によるピアノレッスンを受けることが出来ます。(有料)

いずみキッズ(里帰り保育・書道教室/読み聞かせ会)

 毎月第1・3・5土曜日の午前中、希望する小学生を受け入れ、在園児と一緒に遊んだり、運動したり、おやつを作ったりするプログラムを行っています。異年齢の交流やのびのびとあそぶ場にもなっています。家庭や学校とは違うもう一つの自分の居場所を確認する時です。

長期休暇には、夏休みサポート・・・前期3日、後期3日、冬休みサポート・・・3日程度をしています。宿題のサポートやお楽しみ等があります。

後援会と保護者会

 家族や地域の人達を巻き込んで幼稚園で楽しむために、夕涼み会や短期水泳教室、バザー、茶話会等の行事に協力します。園児も保護者の参加を喜び、保護者にとっても子どもたちと過ごすよい機会になります。
園児の育ちを側面から支援すると同時に、保護者同士の交わりと学びの機会を持ちます。

育児相談

 幼稚園が持っている育児のノウハウを生かして、子育てについての心配事を一緒に考えます。相談内容によっては、他の専門機関への紹介もします。相談内容の秘密は守ります。

給食について

自園調理によりおいしい給食を楽しんでいただきます。
苦手な食材も少しずつ慣れていきます。

子育て支援プログラム たまごルーム

月・水・金の9:00~14:00頃まで2階(旧ひよこ)の保育室を解放します!
親子の遊び場として、「子育ち」「親育ち」の場として、また、お母さんがホッと一息する場所としてご利用下さい。

0・1・2歳の簡単な親子リトミックや絵本の読み聞かせなどのプログラムも用意しています。
お友達を誘ってどうぞご利用下さい。

子育て支援プログラム たまごルーム